アイシングクッキー・プロコース開設にあたりまして。

はじめまして。

エコールシュクレ アイシングクッキー&シュガーデコスクールの佐藤廣乃です。

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

この度、アイシングクッキーのプロコースを開設することになりましたので、ちょっとだけお話しさせていただければと思います。少しお時間拝借しますね。

ガールズクッキー

 エコールシュクレは、静岡在住の私、佐藤廣乃と、東京在住の平川叶枝の二人で、シュガークラフトとアイシングクッキーの「スクール」と「製造販売」をしています。

お教室はありますが、販売のお店は持っていません。販売は主に、ネットなどからのオーダー・ショップ様での委託販売・月に1回程度自主開催するワンディショップで行っています。

ここ数年は製造販売がメインでしたが、2015年よりその経験を生かしてスクールの方も充実させようと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

エコールシュクレでアイシングクッキーを作り始めてもう何年にもなります。

私達はスタートがウエディングケーキなどを作るシュガークラフトからでしたので、はじめの内、アイシングクッキーはその中の技術のひとつとして捉えていました。

ブルーウエディング 平川叶枝

シュガークラフトはいかに繊細で高度な技術を使って素晴らしい作品を作り上げるか?と言う部分があり、作品を見ていただく時はそう言ったものが多くなります。それはやり甲斐も達成感もあり、何よりそこが魅力でもあるのですが、シュガークラフトを知らない方がやってみようと思うには少し敷居が高いかな?と思うこともありました。

ですから、気軽に出来て可愛くて、その上美味しい「アイシングクッキー」なら、シュガークラフトに興味を持っていただくきっかけになればと、イベントで販売したり講習会を開いたりしていました。

そして、なにより私自身がアイシングクッキーを作るのが大好きでしたし、アイシングクッキーはラッピングなどの作業もあり色々とアイデアが膨らみますので、とても楽しくやっていました。

とは言え、当時はまだまだ浸透していなくて、2007年のクリスマスに行ったアイシングクッキーのイベントでは、「アイシングクッキー」ではあまり通じなくて、わかりやすいようにと「イラストクッキー」と言っていたくらいなんですよ。「これ、アイシングクッキーですね」と言ったお客様がいらっしゃると、「よくご存知ですね~!」なんて喜んでいたくらいです。

071130_2335~01 071201_1141~01 071201_1145~01

でも、ここ何年かでデコスイーツが流行り、アイシングクッキーも急速に広がり販売店も増えてとても嬉しいことでしたが、2013年に私にとって大きな事件?が起こりました。

その年、静岡で大きなイベントに参加してアイシングクッキーの販売をしていた時、小学4年生くらいの女の子が私のアイシングクッキーを見るなり、

「わたし、これ知ってる!アイシングクッキー!前に食べたらクソマズカッターー!!」・・・と言ったのです。

もちろん、エコールシュクレのクッキーを指して言った言葉ではなく、かつて誰かにもらって食べたクッキーのことを言っていたのですが、それはそれは・・・・・衝撃でした。。。。。

アイシングクッキーはまずくないんです。それどころか美味しいお菓子なんです。

でも、賞味期限などの関係や管理が悪かったりするためなのか、残念ながら確かにときどき「まずい」と言う言葉を聞くのも事実です。。。

また、お砂糖たっぷりのクッキーと言うイメージが強いせいか、召し上がってから「あら、思っていたよりも美味しい!」と言われることもよくあります。

そのイベントではおかげ様でアイシングクッキーは完売しましたが、私のココロには、あの推定小学4年生女子の「クソマズカッターー!!」の一言が強くつよーく残ってしまいました。

あひるちゃん

・・今は人気の出てきたアイシングクッキーだけど、食べた時に一度そんな印象が残ってしまったら、その人は二度と食べたいと思わなくなってしまうんだろうな~、、と。

それでは、この人気もただの一時的なブームで終わってしまうんじゃないか?とさえ思ってがっかりしました。

なぜなら、アイシングクッキーは女性が始めるのにはとても魅力的なお仕事だからです。

イベントにて

食品なので販売にはそのための施設と許可が必要ですがやる気がある人ならば可能ですし、講習としてならば場所があれば誰でもどこでも出来るのです。

お母さんが家庭で子供と作って楽しむメニューの中に、アイシングクッキーが入ったらなんて素敵♡。

そして、私の夢は、誰かがちょっとお礼の品を、、と考えた時に、「ハンカチを一枚」と同じように、「アイシングクッキーを一枚」、、と思い浮かべてもらうようになること。ハンカチのように、どこでもちょこっとアイシングクッキーが買えるようになったら素敵だな~・・と思っているのです。

ですから、それ以来、講習は既にシュガークラフト教室でのスキルが多少ありましたので、アイシングクッキー販売の自分のスキルを上げるため、自分のテリトリーで売るのみでなく、大手のショップ様など外部の委託も強化して、お仕事としてのアイシングクッキーと、加えてシュガークラフトのデコスイーツの可能性も探ってきました。

お教室で教えるアイシングクッキーと、販売するアイシングクッキーは、コストやそれによるデザイン、作る数、ラッピング技術、販売の知識、宅配方法など、いろいろな部分で別の考え方が必要です。私はここ数年ですっかり鍛えられましたので、ココロも腕も太くなりました。。

お教室を開きたい方も、販売したい方も、どちらにもしっかり対応出来ます。

また、私はデコレーションのプロですが、お菓子に関しては3年ほどお菓子教室に通った程度の素人レベルです。クッキー部分につきましては、いろいろ活動する中で得た人脈を生かして、より具体的な内容も入れつつその道のプロとのコラボレッスンも予定しております。

BOYS&GIRLS

おかげ様で、いまは製造拠点の静岡スタジオには専属スタッフが1人入りましたし、時々ヘルプをお願いするサポート・スタッフもいます。

まだまだ大変なこともありますが、彼女たちが好きなことを仕事にする喜びを感じているのを見て、とても嬉しいキモチで頑張っている毎日です。忙しいーー!!!・・けど、楽しいです。

そして、

エコールシュクレでは2015年より新しく「アイシングクッキー・プロコース」を開設します。

培った技術やノウハウを皆様に全てお伝えして、アイシングクッキーの楽しさと美味しさを広げて行きたいと思います。

目指せ、ハンカチ並みの地位をアイシングクッキーに!!・・です。(^^)

プロを目指す方はもちろん、趣味としてだけどアイシングクッキーを極めてみたい!と言う方も大歓迎です。エコールシュクレでの出会いが新しい人間関係を作り、世界が広がるかもしれませんよ。

なぜなら私もシュガークラフトを始めた頃は、こんなに全国にお友達ができるとは思っていなかったですし、活動場所も広がるとは思っていませんでしたし、ましてや自分がアイシングクッキーの製造販売までやるとは思ってもいませんでしたから。

思い切ってぜひ挑戦してみてくださいね。

 

受講前のご質問も大歓迎です。

講習や製造で電話に出られないこともあります。

CONTACTフォームより、メールにてご連絡いただければと思います。よろしくお願いします。

2015年2月

エコールシュクレ主宰 佐藤廣乃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です